【旅行好き必見】ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ(HGVC)とは

ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブ(以下、HGVC)についての説明記事です。

わたsh物件を2013年に購入して、色々な使い方をしてきました。

使い方や仕組みが複雑で分かりにくい部分もあるので、分かりやすく解説していきます。

HGVCは、簡単に言うとヒルトン(Hilton)グループが運営するタイムシェアの事です。

nicom
HGVCで有名なのはハワイの物件ですが、それ以外にもたくさんありますよ!

まず、タイムシェアからご説明します。

タイムシェアとは

タイムシェアの仕組み(1/52所有)

タイムシェア 説明

タイムシェアとは、1つの物件を複数のオーナーで所有するシステムの事です。

タイムシェアではコンドミニアム(※)毎に52人の所有者がいて1人に付き年間で1週間宿泊できる権利が与えられます。

(※)ホテルに加えて、キッチンや洗濯機、家電や食器など生活できる設備が整っている宿泊施設

1人では購入できないコンドミニアムも、複数人で持つことで手軽に購入できるというメリットがあります。

そして、会員権とは違いタイムシェアでは所有者として登記され、正式な所有者となりオーナーと呼ばれます。

nicom
私はハワイ島のキングスランドのオーナーです。
写真は、キングスランドの写真です。
キングスランドの紹介はこちらから見てください。
HGVC キングスランド

ポイント制

多くのタイムシェアで取り入れられているのがポイント制の仕組みです。

ポイント制とは、タイムシェアで購入したコンドミニアムに応じて特定のポイントが与えられます。

タイムシェアの購入価格は一般的に「車一台分程度」と言われますが車にも価格の幅があるように、購入するコンドミニアムの価格やランクによりポイントが付きます。

このポイントは所有しているコンドミニアムに一週間宿泊ができるポイント数となりますが

提携している他のコンドミニアムやホテルへの宿泊をすることも出来ます。

ただし、物件によりポイントは異なるので、自分が購入したコンドミニアム以外に宿泊する場合には宿泊日数が多くなったり少なくなったりします。

nicom
私が所有しているキングスランドの1BR(1ベッドルーム)は1年で使えるポイントが7,200ポイント(変更後11,520ポイント)です。

HGVC

HGVCとは

この様に、タイムシェアの仕組みを取り入れているのがHGVCです。

HGVCは、ヒルトングループが経営しており、ポイントで宿泊できるコンドミニアムはヒルトン系列になります。

また、その他ホテルグループと連携しているホテルやコンドミニアムにも宿泊することができます。

ポイントの使用方法

HGVCのポイントは使用できる範囲が大きいのですが、仕組みが少し難しいので、良く理解してから購入することをお勧めします。

ポイントの使い方として、主に5つとなります。

・タイムシェアのクラブ予約
・スペシャル・ダイレクト・ステイ
・RCIでの予約
・ヒルトン提携リゾートで利用
・JALマイルへの交換

タイムシェアのクラブ予約

ポイントの使い方として一番スタンダードなのは、タイムシェアのクラブ予約です。

対象は102施設あります(2021年11月時点)

一番なじみが多く、日本人に人気なのはハワイのオアフ島で施設が7つあります。

そして、ヒルトンの本拠地はアメリカなのでアメリカの主要都市の各地、イタリア、スコットランド、バルバトス、ポルトガル、メキシコにもあります。

日本では、小田原と沖縄の2ヶ所に加え、ホテルハーヴェストとの連携もしており、ハーヴェスト系列では14つのホテルがあります。

スペシャル・ダイレクト・ステイ

世界中のヒルトンブランドホテルに使用できます。

タイムシェア予約よりポイントの価値が少なくなってしまうのですが、世界中の大体どこにでもヒルトン系列ホテルはあるので使用しやすいです。

もちろん日本のホテルにも宿泊することが出来ます。

・ヴォルドーフ・アストリア
・LXRホテルズ
・コンラッド

・ヒルトン
・ダブルツリー
・ホームウッドスイーツ

RCIでの予約

「RCI(リゾート・コンドミニアム・インターナショナルズ)」は、世界100か国で4,300以上の提携施設を持つ、世界最大級のリゾート宿泊権利交換会社です。

HGVCはRCIと提携しているため、RCIポイントに変換することでRCIでの予約をすることが出来るようになります。

RCI必要ポイント

部屋のタイプ1泊7泊
スタジオ120~4801,200~2,400
1ベッドルーム170~6801,700~3,400
2ベッドルーム240~9602,400~4,800
3ベッドルーム290~1,1602,900~5,800

※一般的なホテルと同様、土曜や祝日前、年末年始等はポイントが高くなる傾向があります。

RCIのホテルはランクも様々ですが、4つ星、5つ星ホテルも多くあり、また様々なところにあります。

HGVCのオーナーの方たちはあまり使用して無い様ですが、個人的にはとてもお勧めの使い方です。

nicom
上手く使えればクラブ予約よりもお得!

参考までに、今まで3回RCIで旅行の予約をしましたが、使用したポイントは下記です。

カンクン   Sandos Cancun Lifestyle Resort  5泊(お盆) 1,440ポイント
ロードス島  サン ビーチ リゾート 7泊(お盆) 3,400ポイント
テネリフェ島    El  Marques 7泊(年末年始) 3,400ポイント
(※2022年4月以降付与ポイント使用ポイント共に1.6倍になっています。上記で書いているのは変更前のポイントです)

ヒルトン提携リゾートで利用

国内で言えば、ハーヴェストシギラベイサイドスイート アラマンダ等に宿泊できます。

但し、提携リゾートの場合には1泊当たり1,700~13,000ポイント(2022年4月以降2,700~20,000ポイント)程度になるのであまりお得感はありません。

JALマイルへの交換

ポイントが使用できなくなってしまった場合やマイルがあと少し足りない場合などにはJALマイルへの交換もできます。

但し、交換レートは、 750ポイント単位で交換可能で750ポイントを2,500 JALマイルに交換となるので、こちらもお得感はありません。

まとめ

今回は、HGVCとタイムシェアの仕組みについて簡単に説明しました。

HGVCの購入を検討されている方、参考にしてみてください。

 data-eio=旅を応援するサイト 「mata-tabi」" width="1280" height="960" >

旅を応援するサイト 「mata-tabi」

また、旅に出よう。