サウナシュラン三冠!【らかんの湯】のあるホテルはサウナだけではない?

サウナ―の方は一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

サウナシュランで三冠の快挙を達成した『らかんの湯』と、らかんの湯のある御船山楽園ホテルの紹介をします。

nicom
はじめて訪れましたが予想を圧倒的に上回るパフォーマンスでした!
それでは紹介していきます!
サウナシュラン

これが三冠サウナ『らかんの湯』

まず最初に、『らかんの湯』について紹介です。

大浴場は男湯、女湯の2つに分かれています。

湯

女湯 ポイントは真っ白のかまくらサウナ

かまくらサウナ

宿泊者は、女湯、男湯が翌朝入替になるのですが、日帰りでは女性は女湯、男性は男湯にしか入れません。

日帰りの女性が入れる方を『女湯』と表現しています。

nicom
私の一押しは女湯のかまくら型のサウナです!

サウナ室にはめずらしく、壁はコンクリートのような固い素材です。

小さい丸い窓からは日の光が入ってきます。

おしゃれな見た目もですが、もう1つ特徴的なのは

クーゲルです。

クーゲル:サウナ室の手前にあるアロマアイスボールを、サウナストーンの上に置き溶け出すときに蒸気とアロマが広がります。
クーゲルは、和ハッカ、みかん、薔薇、ヒバの4種類あり、好きなアロマを楽しめます。
nicom
ポイントはアロマを混ぜない事!
一人で入るサウナではないので、コントロールできない部分はあるのですが、アロマを何種類も置くと香りが混ざってしまうので、組み合わせを考えながらの使用をお勧めします。
温度計はないのですが、パンフレットには85度と書いてありました。
ただ、ロウリュウやクーゲルによって体感温度はかなりあつく感じました。
たまにとっても熱くなっているときがあり、足の裏がやけどしそうになるので注意してください!
サウナマットは、今治タオル。
そして使い放題な上にすぐに補充してもらえるという最高に贅沢な場所でした。

かまくらサウナのちかくの水風呂

サウナから出て水風呂へ。

こちらの奥のくぼみにはシャワーがあります。

シャワーで流すか、水風呂の水で身体を綺麗にしてから水風呂に入ります。

深さ100cmの水風呂、そして武雄温泉の源泉です。

nicom
源泉の水風呂珍しい!!

外気浴スペースには様々な整い椅子が

水風呂を出たら外気浴へ!

外気浴出来るスペースが何ヶ所かあります。

nicom
私の一押しはこの写真の場所です!
少し高くなっているところに頭を乗せて、寝転がっての外気浴です。
木が風に吹かれてそよそよしている音を聞きながら、整います。
脱衣所にあるタオル大(今治タオル)を自由に使えるので、上からかければ人目も気になりません。

このサウナ➡水風呂➡外気浴を繰り返すのが最高におススメです。

特徴的な休憩処

そして、『らかんの湯』の特徴的な部分でもある休憩室

高級ホテルのスパを思わせるようなスペースです。

デトックスウォーター、お茶(冷、熱)、塩プリン、玉羊羹、ドライミカンなどが置いてあり自由に飲食できます。

nicom
サウナ後の塩プリンは特に最高!癖になる味でした

玉羊羹は置いてある櫛で刺すと袋から出てきます。
旅オジ
食べ方分からずあたふたしてしまった。
整いスペースもあり、写真のような素敵な椅子もあります。
nicom
私の2番目のお気に入り整いスペースは写真の左奥にある休憩室の外の椅子です。ただし、身体に網のあとがくっきり残るのでご注意

薪サウナ(男女共有)

そして、女湯にはサウナ室があと2つあります。

1つは、2021年にリニューアルした薪サウナ。

こちらは、男女共有のサウナです。

大きなサウナが一つあり、男女扉は別々。

中で男性女性の間が仕切られているので、お互いに見える事はありません。

共有と書いたのは、一番奥に大きな薪ストーブがあり、その薪ストーブは共有になっています。

男性、女性どちらもロウリュウが出来る珍しい作りになっています。

ロウリュウに使う水は武雄温泉の源泉です。

nicom
女湯側のおススメは一番奥の一番上!上が窓になっていて森林の中でのサウナを楽しめます
サイズは大きめで恐らく女湯側だけでも15人ほどは入れます。
温度は75度程度でした。
薪サウナの近くにも1つ水風呂があります!
※薪サウナは女湯男湯共に朝は入れないので注意してください。

ミストサウナ

ミストサウナもあります。

3人程度の広さです。

温泉も

サウナ好きの方は温泉には入らない!

という人もいるようですが、こちらの温泉は「美人湯」としても有名です。

弱アルカリ性の単純温泉、無色無臭で保湿性に優れた温泉です。

露天風呂からの景色も素晴らしいです。

薬湯もあり、中に椅子が入っているため半身浴も出来長い時間温泉に浸かる事も出来ます。

男湯 ほうじ茶ロウリュウがメインか

男湯での一押しサウナは

ほうじ茶ロウリュウのできるサウナ室

こちらのサウナには、「御船山の天然水」「サウナ専用に焙煎・抽出した佐賀県嬉野産オリジナルほうじ茶」の2つの桶があり、好きな方をセルフロウリュウできます。

ほうじ茶の香ばしい香りが、サウナ室に充満していました。

黒い壁で薄暗い照明。

部屋は床から天井までのスリット窓から、細い光が部屋内の蒸気を照らす幻想的な光景です。

ストーブは部屋の中心に鎮座するタワー型。

室温は90度ですが、ロウリュウにより体感温度はかなり高まります。

水風呂。浮き輪付き

ヘッドトップのシャワーで汗を流し、深めの水風呂に入ります。

浮き輪が置いてあるので、ぶら下がりながらの水風呂

最高の景色の中での外気浴

そして休憩(整い)タイム。

ここは御船山にあり自然に囲まれた施設です。

木々の揺らめきを見聞きしながら、ゆったりと安らぐことが出来ました。

温泉の流れる水の音も、安らぎを増す効果。

特殊な整い椅子があるので、是非体験して欲しいです。

旅オジ
こんなに充実した整いタイムは、初

休憩室

男湯にも休憩室があります。

建物の2階の眺めのいい場所に広い整いスペースが。

女性用と同じくサウナ―がサウナで失われるであろう成分を補給するための飲料類や軽食類が揃っています。

休憩できるスペースは男湯の方が広いです。

旅オジ
どこの施設よりも群を抜いての素晴らしさで、大満足!

サウナ総評

さすがのサウナシュラン三冠!

サウナ、水風呂、外気浴、休憩室どれもが圧倒的なパフォーマンスでした。

それぞれ好みはあると思うので、お気に入りの場所を見つけてみてください。

nicom
私のお気に入りは、女湯の白いサウナ室と男湯のつるっとした大きな椅子!
旅オジ
#旅オジのお気に入りは男湯の外気浴で星を見ながらの整いタイム

日帰り入浴

日帰り入浴予約制/定員制となっており、男性は男湯、女性は女湯に入ることが出来ます。

一部:15:00-17:30 (男女各10名)
二部:17:30-20:00 (男女各10名)
日帰り入浴は、1名4,500円から。
こちらから予約が出来ます。

宿泊者

男性は男湯、女性は女湯と当たり前の事を書きましたが、実は理由があり、宿泊者は両方の体験が出来ます。
朝の6:00-10:30の時間で男女入替になり、男性はいわゆる女湯、女性はいわゆる男湯に入ります。
宿泊者の方には日帰り入浴の方たちがいない時間や、日帰り入浴の後半の時間が空いているのでお勧めです。
・20:00以降    宿泊者専用となる
・16:30頃-17:30  15:00からの宿泊者が一通り楽しんだ後
・19:00頃-20:00  17:30からの宿泊者が一通り楽しんだ後

設備

男湯

内湯、露天風呂、露天薬湯、サウナ(ほうじ茶)、サウナ(薪)、水風呂、喫茶室

女湯

内湯、内湯薬湯、露天風呂、サウナ(アイスボール)、サウナ(薪)、サウナ(スチーム)、水風呂2、喫茶室
nicom
3冠達成も納得。とにかく最高で感動しました!

お出迎えはチームラボアート

御船山楽園ホテルに入ると、チームラボのアートが迎えてくれます。

音楽も流れておりこちらのランタンは色が音に合わせて変わっていきます。

TeamLab

御船山楽園ホテルには全部で6つのアートがあり、ホテルの一階にあるものが入り口含めて3つ、ホテル2階から御船山楽園に行く廊下に廃墟アートと呼ばれるアートが3つあります。

チームラボ

AIで映像が設計されており、人が通ると反応して映像が変わったりするようです。

全く異なる映像は二度と流れないのだとか。

他にもアプリをインストールして、持ち帰れるアート等もありました!

この投稿をInstagramで見る

matatabi(@matatabi.ni)がシェアした投稿

御船山楽園

国指定記念物の御船山楽園は、宿泊者は自由にお散歩できる庭園です。

御船山楽園

初夏は桜、春はつつじ、秋は紅葉、冬は雪景色など、訪れる季節により異なる表情を見せてくれます。

夏にはTeamLabとのコラボレーションもあるようです。

夜はライトアップもされ、お昼とはまた違った風景となりますので、宿泊された際には時間を見つけて

結構広いので、周りたい場合には歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

見逃してはいけない茶屋BAR

実は、訪れるまで知らなかったのですが宿泊者専用のBARが御船山楽園内にあります。

営業時間:20:00-24:00

鏡池に綺麗に景色映り込んであり絶景を見ながらのお酒は最高!

鏡池

お酒も珍しいカクテルなどもあり、おつまみでいただいたビーフジャーキーもパリッとしてて美味しかったです。

ノンアルコールも充実していますのでBAR後にサウナに入りたい方も是非

茶屋BARにて

夜ご飯(サ飯!)

夜ご飯も何種類かあり、ホテルの和食と、御船山楽園にあるイタリアンのお店とで選べます。

私たちは和食を頂きました。

サウナ後にちょうど良いお味。

夜ご飯

佐賀のA5飛騨牛もいただきました。

飛騨牛

まとめ

サウナシュラン3年連続1位のらかんの湯がある御船山楽園ホテルの紹介でした。

サウナで有名ですが、訪れるので有れば併せて体験してほしいものをまとめています。

是非楽しんできてください。

サウナーの方は【勝手にサウナシュラン】アマチュアサウナ―#旅オジの独断と偏見のおススメサウナ評価。も見てみてください。

 

 data-eio=旅を応援するサイト 「mata-tabi」" width="1280" height="960" >

旅を応援するサイト 「mata-tabi」

また、旅に出よう。