温泉大国ハンガリーでセーチェー二温泉に入る

ザルツブルクから、ハンガリーのブダペストへやってまいりました。

ブダペストで楽しみにしていたもの。

温泉です!お湯になんてずっと使っていないので、旅の疲れを癒しにGO!!

ブダペストは温泉が沢山あるのですが、1番有名なセーチェーニ温泉へ行く事にしました。

こちらが外観です。

f:id:yu331eno:20190522052120j:image

チケットを購入。5,500フォリント(2019年5月時点で1フォリント約0.38円)

リストバンドを受け取ります。こちらがあると入場でき、ロッカーの鍵の代わりになるものです。

f:id:yu331eno:20190521204414j:image

そして、

ロッカーへ。

入ってびっくり。男性がいました。

周りを見ると女性もいるので、うろうろしながら考えて、やっと仕組みが分かりました。

更衣室は個室、ロッカーは男女共同のようです。

(後から確認したところ、空きがある場合には、キャビンという個室を使えるようです。)

ホテルから水着を着てきたので、服を脱いで、サンダル履いて、いざ!

こちらです!

f:id:yu331eno:20190521204450j:image

セーチェーニ温泉は、よく写真で出てくるのはこちらの温泉なのですが、

その他室内にも温泉やサウナがあります。サウナも結構たくさんあって、扉の前に設定温度が書かれていました。

外にはプールの形をした温泉があり、こちらに入るのであれば水泳帽が必要なようです。

水泳帽被らないで入ると笛を吹かれますのでご注意を。

あと、飲み物も売ってますよー!お酒飲んでる方ちらほら。まだ朝だよー

f:id:yu331eno:20190521204504j:image

と、一通り見てまわったので、温泉に浸かります。

外の温泉が1番好きでした!

私は、身体157cmという日本人女性の平均的な身長なのですが、外の温泉は移動する時常に爪先立ちです。。

そして、爪先立ちで水位が顎の下くらいになります。

これ、背の低い方結構厳しいかもしれないですね。でも、階段あるので奥まで行かなければ大丈夫です。

座れるところを見付けて、ゆっくり温泉に浸かります♨️

あ〜至福。

温度は若干ぬるめでしたが十分です。

温泉を堪能して、サウナに入って、温泉に入って♨️

ボケーっとしながら過ごします。

今日、ずっとここにいたい。

という思いがよぎるものの、他にも行きたいところがあるので渋々あがります。

水着を乾かすものも置いてありましたし

f:id:yu331eno:20190521204525j:image

ドライヤーも備え付けてありました。

f:id:yu331eno:20190521204530j:image

持っていった方が良いものも書いておきます!

水着  レンタルもあるみたいですが、サイズや在庫が心配なので。

タオル こちらもレンタルあります

サンダル 裸足でもOKですが気になる方は

サングラス 温泉でサングラスちょっとおかしな感じはしますが、日差しが強く結構サングラスかけてる方いました

メイク道具 サウナ入る場合は必須です!

後ろ髪引かれながら、温泉以外のブダペスト観光に向かいます。

 data-eio=旅を応援するサイト 「mata-tabi」" width="1280" height="960" >

旅を応援するサイト 「mata-tabi」

また、旅に出よう。